« インフルエンザで迷惑千万 | トップページ | 買っちゃった »

2009年7月 7日 (火曜日)

たま電車初乗車 ~たま駅長面会09夏~

 有休を用いて久々の和歌山へ。
3月に営業運転を始めた2270系第5編成(通称『たま電車』)に乗るためだ。
和歌山12:50発の貴志行に乗車。数分後、異変が起きた。
どこの旅行会社か知らんが団体客が大量に乗ってきた。しかも発車直前のことだ。

 平日の昼間なら、我々のような平日に公休がある人や有休をとってやってきた若い女性などがまばらな人数でのんびりできる空間だったのだが、ツアーの老人で車内の座席は埋まり、くだらない会話で良い雰囲気は台無しになった。
途中駅から乗ってきた中学生や高校生は席に座れず、また座れても落ち着いて居眠りもできないようで傍からみていてなんだか惨めな姿が映っていた。
我々も、いつもなら他の面会客達と楽しい会話をするのだが、それもできない位疲れきっていた。

 貴志駅到着。我々一般客は先に降り、小山商店へ。
これまたガッカリな事態に直面。トシコさん(小山商店のお母さん)はこの日、助役ミーコちゃんの看護のためお休みだった。何のために和歌山来たんだよ~・・・。
 そして、先ほどの老人の団体客が駅長室周辺を占拠。出入口まで塞ぎ、地元の一般客にまで迷惑をかけていた。
 何度も貴志に来ている我々は、想定通りとして、ベンチに座って老人の団体がいなくなってくれるのを待っていた。すると・・・、駅の外で巨大な観光バスが地元の軽トラの往来を妨げて右往左往していた。この状況に一番怒っていたのはなんと、観光バスの運転手だった。
怒鳴り声で「オイ、ツアーガイドどこや!」と呼んでくると、ツアーガイドの人が慌てて謝ってすぐに老人の団体をバスに乗せて去って行った。
私は、そのバスの運ちゃんを気の毒に思った。悪いのは全部旅行会社だからね。

 予定よりも早く諸悪の根源が消えて、ホッとした我々。

 我々もたま駅長とちび助役を眺めてみた。やはり・・・、昼寝していた。
Img_2861
Img_2858

 次のたま電車が来るのは16:20。その20分前。
今度は貴志駅の外から別の団体が駅に押し寄せてきた。また老人の団体だ。
さっきの団体と同様、駅長室の周辺を占拠し、地元客に迷惑をかけていた。
たまちゃんを起こそうと窓ガラスはたたくし、フラッシュはたくし。なんともモラルに欠けたやつらだ。
いちばん呆れたのは灰皿の上にアイスの容器など一般のゴミを平気で捨てていること。
これ、ヒドイでしょ。
Img_2872
Img_2871

 16:20に電車が入ってきて、団体は一斉に電車に向かって行った。我々も事前にこうなるだろうと予測していたので、実際にそうなった動きに鼻で笑った。

「たまちゃん、ちびちゃん、お疲れさん。今日も大変だったなー!」
 我々もせめて帰りはたま電車に乗っていきたいなと思い、貴志17:03発の南海編成に乗り、途中の伊太祁曽で同始発のたま電車に乗換えて和歌山へ。
Img_2852

 我々は『たま電車サポーター』として和歌山電鐡へ寄付していたので、きちんと車内のプレートに我々の名前も記載されていた。寄付してよかったな。

 和歌山でひといきお茶でも飲んでから、京都へ帰った。

 帰りの特急では、私は爆睡した。疲れたー。

|

« インフルエンザで迷惑千万 | トップページ | 買っちゃった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65696/45569390

この記事へのトラックバック一覧です: たま電車初乗車 ~たま駅長面会09夏~:

« インフルエンザで迷惑千万 | トップページ | 買っちゃった »