« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月22日 (水曜日)

さっそく・・・中之島線乗車

『まもなく2番線に快速急行中之島ゆきが8両で到着します。
黄色または緑の丸印1番から8番のところでお待ちください。停車駅は・・・・・・』

 時代祭見物の後、紅茶葉の購入を兼ねてムジカへ行く予定があったので、出町柳から
京阪電車に乗車した。もちろん、中之島まで。

 出町柳15:40発快速急行中之島行に乗車。展望席こそゲットできなかったが、着席はできた。
もちろん3000系。
Img_2605

 ひとむかし前に京阪特急でやっていた、車内の自動放送が新しいヴァージョンで流れた。
引き締まったブルーのカラーリング、背もたれを高くし包み込むような座り心地のシート。
2列+1列の3列シートで抜群の居住性。
そして今、流行の液晶画面案内表示とフルカラーLED表示。
Img_2609
Img_2610
Img_2611
Img_2613
Img_2612

 中之島には16:44着。実に64分も乗っていたことになる。
乗っていて感じたのは、とにかく『遅い』のひとこと。
『まだ樟葉』『まだ寝屋川市』というように

「早く着かないかなぁ・・・・・・」

を二人で口にしてしまったくらいだ。
快速急行といえども、樟葉からは急行同然だからね。

 時代祭の見物疲れもあって、中之島に着いた時には我々もヘロヘロ。
 ムジカへ向かうため、折り返し区間急行に乗車。
2つ目の大江橋で降り、堂島へ。
Img_2614

 忘れる前に、先に茶葉を購入してからお茶することに。
一息入れてから京都へ帰ることに。
帰りは淀屋橋から快速特急で三条へ。こちらはいつもの8000系(エレガントサルーン)。
快速特急も所要51分なので決して速くはないのだが、やっぱり落ち着く。

 嗚呼、微妙だなあ。
3000系のまんまで中之島~出町柳が快速急行じゃなくて、特急(できれば快速特急
だったら最高なのに。残念。惜しい。
せっかくのコンフォートサルーンが・・・、もったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時代祭

 和宮さんが堀北真希じゃなーい!!(当たり前だ・・・)

 公休。
 初めて時代祭の行列を見物してきた。

 見物範囲の広い御池通を狙って、東西線で京都市役所前へ。地上へ出て烏丸通に戻る方向に。
我々は時代祭がどんな祭りなのかよく知らないで観に行ったので、行列を観ていてわかったのだが、
要は『京都に関係する歴史上の人物をまとめてコスプレにしてねり歩くイベント』ということだ。
時代別に、明治維新から江戸時代、桃山時代・・・、平安時代と遡って行列ができるので、膨大な
長さの列を観ることになり、沿道で全部観るのはシンドイので桃山時代まで観て撤収することに。
Img_2557
Img_2558
Img_2566
Img_2591
Img_2592
Img_2601


1時間半ずっと沿道に立ち尽くして観ていた。
(実際、全部観ると3時間はあるらしい)
まあ、良いハナシのタネになったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日曜日)

京阪中之島線開業

 昨日の疲れもあって今日は休養。土日連続で公休なんて何ヶ月ぶりだろうか。

 朝からニュースやネットニュースで採り上げられているが、今日は中之島線の開業日。
今日の新聞は、実に6面ほどのスペースが中之島線関連と、
うち1面が京阪電鉄の全面広告になっていて、話題の大きさがうかがえる。
中之島5:13発の普通出町柳行きが一番列車ということで、早朝に中之島駅でセレモニー
があったそうな。にも関わらず、一番列車の様子を見るとごったがえしているではないか!
恐るべし、鉄道マニア!!

 中之島線開業に伴い、京阪電車のダイヤ改正(大津線系統を除く)が行われたわけだが、
またしても大幅に変わった。
 従来の『K特急』が『快速特急』に名称変更し、平日の夕方以降の上りに限定される。
新規に『快速急行』(ラッシュ時は『通勤快急』)が設けられ、
中之島線方面の列車に充当される。
 驚いたのは特急の運用。運転区間を淀屋橋~出町柳に加え、淀屋橋~枚方市という
区間列車が登場。京阪特急史上初の出来事だという。しかも、区間列車は7両編成
ロングシート車を使う運用があり、従来の急行の置き換えに近い。京阪ファンに聞くと
「京阪特急の質低下が否めない」と残念な意見が多いようだ。

 さて、私の場合だが、公休日にいつも淀屋橋から『K特急』で帰っていたのが『快速特急
で帰るというだけであまり変わらないようだ。ただ、行きは三条から『特急』または『快速急行』で
行くかの2通りが発生するが、樟葉や枚方市から混雑するのは変わらないわけで、
JRから完全にシフトするには不十分な気がする。

 私も元気があったら、ちょいと快速急行で一往復してこようかなと思ったのだが、そこまで
元気はなかった。
 
 もっとも、今日は事前に2件ほどのお誘いを受けていて、前日の予定を考慮してお断りし
ていた。(私が空き日にお誘いを断ることは原則としてないのだが、守れない約束をしない
のもポリシーなのでね・・・)

 後日、中之島線に初乗りしに行こうかなあと考えている。
(ムジカの新しい最寄り駅『大江橋』で降りてみようかな。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土曜日)

たま駅長~秋の編~

 以前から予告されていた『たま電車デザイン発表祭』(和歌山電鉄)へ
行ってみることにした。
Img_2494

 前日は遅出勤務だったので、ちょっと朝遅く出た。
 新快速と紀州路快速を乗り継いで、会場の伊太祁曽駅に着いたのは
12時過ぎ。既に小嶋社長とデザインを担当した水戸岡氏のプレゼンは
見られなかったのだが、パネルが展示されていた。今後、このパネル
に描かれたデザインを基に2270系電車が改造される。
Img_2485

 たま駅長いるかな?小山商店のお母さんいるかな?と探し回ったが
どうやら、群れがないようで貴志駅に帰ったらしい。後ほど貴志駅に向
かうことに。
Img_2487

 『いちご電車』、『おもちゃ電車』に続き、第3弾『たま電車』のデザインは
過去2種類を遥に越える派手さを示していた。びっくり。
Img_2483

 車庫では『いちご電車』と『おもちゃ電車』が並んでいた。予備編成が
この2つとはなかなか珍しいが、まあ、お祭りのためだからな、仕方ない。
しかも、ちびっ子達と『おもちゃ電車』と綱引きのイベントをしていた。
Img_2502

 かな姉さんが見つけたのは会場内に停まっていた移動カフェ。
何と、カフェラテにたまちゃんの顔をマキアートしているではないか!
Img_2498

 これは面白い。可愛すぎてかき混ぜて飲むのが惜しいくらいだ。
隣で見ていたたこ焼き屋のおっちゃんが驚いて、かな姉さんのカップを
借りては、

「これ、ホンマすごいで!なあなあ、めっちゃ可愛い。みてみぃ!!」

と、農産品直売ブースのおばちゃん達に見せびらかせてまわっていた。
おっちゃんが戻ってくるとカップを返してくれて、しばらく会話。

おっちゃん:「兄ちゃん達、どっからきはったん?」

ぴしあん :「京都ですよ。朝出てきてこの時間に着いたんです。」

おっちゃん:「京都!?あらまあ随分と遠くから・・・。」

ぴしあん :「多分、この中には東京や福岡から飛行機に乗って、
       カンクウから駆けつけてきた人もいるんじゃないすかねえ。」

おっちゃん:「ほぉぉぉ!!(絶句)」

ぴしあん :「僕らなんてまだ近いほうかも。行きは快速で来る気力ありますけど、
        帰りは和歌山から特急に乗るんですけどね(笑)」

おっちゃん:「でも、そこまでしてたまちゃんに会わんでも・・・。
       猫なんて京都にもぎょうさんおるやろうに。」

かな   :「そこは、何と言っても『たまちゃん』に会うことに価値が
       あるんです!!」

ぴしあん :「そ、そう、そうなんです。でも、ボクは小山商店のお母さんと
       立ちバナシをするのが楽しみで来ているんですけどね(笑)」

おっちゃん:「そうなんや(笑) まあ、天気もエエし、楽しんでいってな!」

 たこ焼きを購入し、休憩テーブルでのんびり食べていると、
いつのまにかおっちゃんが移動カフェでカフェラテを注文して、
おばちゃん達にごちそうしているではないか!(笑)

 ある程度見回して、貴志駅に移動することに。12分後貴志駅に到着。
Img_2521

 そこには『いつもの貴志駅』の風景が見られた。そして・・・、
『いつもの小山商店のお母さん』と挨拶。たまちゃんがスーパー駅長で
いられるのも、このお母さんのおかげ。私が常に敬意を表しているのも
無理はないだろう。

 今日は夏休み以来の盛況ぶり。夕方まで客足が減らなかった。
その間は『たま駅長ブログ』のオーナーmasaさんとハナシをしたりして
いた。
 私はだいぶ落ち着きだした16時台からスナップ撮影をした。
Img_2542

 今日も沢山のお客さんに囲まれ可愛がられていた。

 17時になり、たま駅長の業務は終了。お家へ帰り、晩ご飯の時間。
小山商店も閉店し、片付けのお手伝い(?)も少しして、帰りの
和歌山行に乗車。
Img_2551

 和歌山18:51発の特急スーパーくろしお32号で京都へ。
この列車も、もう3回目。私もかな姉さんも良く動きクタクタ。
ウマイ飯が食えて、ぐっすり眠れそうだ。
あ、そうそう、和歌山みかんを一袋いただいた。
これが結構美味くて・・・。
Img_2552

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火曜日)

ネコナデ

 かな姉さんの強烈な圧力で(笑)『ネコナデ』を観ることに。
九条(近鉄東寺駅前)のみなみ会館へ。
 開始が20:10だったので、晩飯を家で食べたからの出かけとなった。

 公開は6月28日とだいぶ前だっただけに、今まで気付かなかった。

 主演は大杉漣氏。大手電子機器メーカーのコワモテ人事部長の鬼塚部長として、
家では頑固一徹な厳しいパパとして、こう、何と言うか、
誰かさんの将来を映し出している気がしないまでもない。
 そんなカタブツさんが子猫に惹かれてオロオロする姿、仕事中の鬼の姿とギャップ
たまらない。そして何よりも・・・・・・、

子猫『トラ』ちゃんの仕草が可愛すぎてたまらない!!

 そして、子猫『トラ』ちゃんを四六時中面倒みていくことで、
鬼塚太郎が最後に変わっていったところは考えさせられる。

 まあ、そんな教訓めいたコトは置いといて、
子猫『トラ』ちゃんそのものをじっくり楽しんできましたよ。

 夫婦揃って
「ぬおぉぉぉ、カワイすぎる~~!!」

公式サイト http://nekonade.info/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木曜日)

結構読まれるもんなのね

 ノーベル物理学賞、化学賞を受賞された先生方、おめでとうございます。
これだけは言いたい。益川先生は京都大学教授ではなく京都産業大学教授です。
間違えないでね。

 職場のNさんが訳あって入院しているので、手分けしてピンチヒッターを務めている
約半年ぶりの早出勤務に張り切ったのはイイが、ラインを抜けた後の管理業務が
グダグダボロボロ、なかなか仕事が進まないことにイライラ・・・。
あらためて、マンパワーの大切さをみせつけられている今日このごろです。

 家では昼間はテレビを消してFMラジオに切替えているのだが、
(もちろんアルファステーション=FM京都)、時間があると番組にメッセージを気軽に
送ってみたりしている。私のみならず、かな姉さんもだ。
 今はFAXよりWeb送信のほうが安いし早いし読まれる確率が高いようだ。

 ぴしあんのブログ的ネタ(もちろん実際のことです)が電波になってひろがるのも
悪くはないな。かな姉さんにいたっては勝手に自分のブログを休止して電波使っ
てるんだから、ズルイというかズボラだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月曜日)

ヘビ拾ったよ


 きのうの朝、出勤途中に会社近くの道端でヘビが死んでいた。
ずいぶん小さなヘビだなあと思い、観察してみると胴のあたりがペチャンコになっていた。
どうやらクルマに轢かれたらしい。かわいそうに。
と、その時ひらめいた。
「そうだ、この皮を財布にいれよう。」

 職場でジップ付きの袋をもらい、夕方帰り際にその袋に入れ持ち帰った。
帰りの電車の中でじっくり眺めて観察した。牙が無い・・・。ということは・・・、
きっと生まれたばかりの赤ん坊だったのだろう。写メを撮ってみた。

Sh010119

 ズームしているので大きく見えるかもしれないが、幅1.5センチくらい、長さ25センチくらいの小さなサイズ。
あ、大丈夫。帰りの電車はガラガラで他の人に見つかる心配もないから(笑)

 ドラッグストアに立ち寄り消毒用アルコールを購入し、帰宅。

 案の定、かな姉さんに少し叱られたのだが(当たり前だ)、
一応持ち込みの許可をもらった。
早速、消毒作業から。さっき購入したアルコールにヘビを入れ、
ひと晩漬け込んだ。
今朝、取り出し、ドライヤーで乾燥作業。
ふやけた皮をピンセットで丁寧に剥き、皮は袋に入れ保管。
残ったヘビの身体をラミネーターにかけまるごとパウチしてストラップを
作ろうとしたが、頭の部分がひっかかりあえなく失敗。

 今後どんなふうに使おうか試行錯誤しそうだ。

 嗚呼、ああいうヘビに二度と遭遇することないだろうな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »