« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土曜日)

予想外です ~ぴしあん帰省記念オフ~

 遅延は私のウリですから(謎)

 午後からNikko氏とhira氏と3人でマイクロオフ。
当初の待ち合わせは14:00だったのだが、Nikko氏の予定変更で14:30に。予想外だ
昼ごろは市ヶ谷と四谷で用事を済ませ、南北線で永田町へ、永田町から半蔵門線&田園都市線で溝の口へ。
ちょうど14:30にぴったり着きNikko氏と合流。
この時点でhira氏はまだ渋谷付近だった。

 ベッカーズでhira氏待ちの時間調整。なかなか着かず合流したのは実に15:30。予想外だ
こんな遅延が平気な顔して互いに許せるのはこのメンバーだから(笑)

 溝の口でNikko氏行きつけのお店でカラオケ。メンバーがメンバーだけに選曲が偏っている(笑)

 日も暮れ、本日のメインディッシュ、吉祥寺へ。
川崎メンバーが2人もいると晩飯は大体、横浜市内か溝の口なのだが
今日は私のお得意の街、吉祥寺だ。実に珍しい。
hira氏が予約してくれた店は『ひつじくも』というJR北海道がプロデュースしたジンギスカンの店だ。
(以前、JR四国が恵比寿にさぬきうどんの店をプロデュースしたという話を聞いたことはあるが・・・。)
Jingi01

 ここのラム肉は美深産でランクは特上のみ。タレは黒ダレと塩ダレの2種類。
肉に臭みは無く何とも柔らかい。タレがラム肉の肉汁によく合って、山わさび飯が進むのだ。
3人で夢中になって食べた。そのせいか1時間ほどで腹いっぱいに。
デザートが付いてきた。私はハスカップアイス、Nikko氏とhira氏は羊乳プリン。
いずれも北海道らしい一品。
 吉祥寺で北海道の味づくしというのは何とも予想外だった

 くちなおしに、くぐつ草でコーヒータイム。
Nikko氏が機変した携帯を見せてくれた。何とアクオス携帯。
奇をてらうことなく無難な機種を選ぶNikko氏だが、大胆に出たことは実に予想外だ
いつもR25を提供していただいているのだが、今日はダイヤ改正した東急電鉄の時刻表だ。
立派な冊子なのだが、これが何と無料で配布されたという。予想外だ。
ちょっとめくって説明してもらったのだが、デートに最適な横浜の夜景スポットや沿線のグルメスポットが載っていたりして結構便利なようだ。びっくりしたのが、目黒線で急行ができたこと。予想外です

 閉店時刻になったので帰ることに。吉祥寺から井の頭線に乗るわけで、当然私が先に降りることに。いつもなら2人にお先越されるわけだが、今までには無い展開。帰りは近くてラクチン。

 10月も、もしかしたらまた東京で食事系オフできるかな?楽しみだ。

 京王線のダイヤ改定ってまんざら悪くないな。急行が(8両から)10両になっていた

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今朝の竜太

 朝ごはんを待ってます。もう、ニャーニャーうるさくてしょうがない(笑)
Ryuta_21

 満腹になったら、弟のベルトで遊んでいます。
Ryuta_22

 疲れたら、ソファーの背もたれの上で早くも昼寝!?
Ryuta_23

 あまりにもだらしないので起こしてぶら下げてみました。珍しくおとなしくしている。
Ryuta_24

 なかなか出かけられません(笑) そろそろ出かけよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金曜日)

竜太に再会

 伊丹空港でよく見かけたんだけど、のじぎく国体って何?

 およそ2ヶ月ぶりに実家に帰ってきた。途中、桜上水のあぶらー亭で例のセット食ったのだが・・・、
あぶらーめんの味は以前より持ち直した(初期の、美味いと思った頃には及ばない)が、チャーハン・・・、うーん、味がイマイチだな・・・。昔はこのチャーハン美味かったんだけどな・・・。

 髪を切りスッキリした後、親に駅まで迎えにきてもらった・・・と、その後、クリーニング屋や花屋や買い物の荷物持ち。

 フッ、息子なんて所詮、荷物持ちなのさっ(笑)

 今度は本当に実家に帰りつき、竜太は私を見るなり足元に寄ってなついてきた。
どうやら、うちの弟と間違えたらしい。体格も顔も声も似てるからなあ。
しばらく抱きかかえていたら、竜太は私の顔を眺めていた。
まるで、「あれ?お兄ちゃん(=弟のこと)ってこんな顔してたかなあ??」と疑っているようだ。Ryuta_11

それにしても随分元気になったなあ、というか、元気すぎて困るほどだ。
居間と食堂の床をツルツル滑りながらも意味も無くダッシュして、とにかく走り回る。
生後3ヶ月のオスだから好奇心旺盛。Ryuta_12

書類挟みに使うクリップを転がした途端、狂ったようにいじくりまわし、まるでホッケーのようだった。
それでも、子猫は子猫。動きすぎると疲れてしまいおとなしくなってしまった。
その隙を狙ってまた抱きかかえて私の膝の上で寛がせた。Ryuta_13

 下手に相手すると、私の方が疲れてしまいそうだ。
ムービーも面白いのが撮れた。

 久々にノビノビできる3連休。どんな体験しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月27日 (水曜日)

誰のもの?

 なんだよー、西武のプレーオフ進出2位かよ。Boo~!

 某株取引問題をきっかけに「会社は誰のものか?」という議論が今でも盛んに行われている。無論、私にとってはどうでもいい問題で(個人的には従業員・社員のものだと思っている)、私にはもっと切実な問題がある。

私の休日は誰のものですか?
 常識的に考えれば当然「私のもの」という答えになるわけなんだが、
誰かさんをはじめ数人の方々が私の希望休をめぐり争奪戦を繰り広げている。
それを取得するのは当然私の役目なんだけどね。
3~9月は忙しくて旅行どころではなかったし、さすがに10月は私自身のために休みをとった(通称『プロテクト』と呼んでいる(笑))。12月もおそらく年末でズタボロに忙しくなることは目に見えている。で、11月だ。何もプロテクトをかけていないわけではないのだが、新たに私の別の後輩が争奪戦に名乗りをあげた。
しかも彼らにとって厄介な子だ。
もはや、オーナー(=私)の意見なぞ耳も貸してくれないだろうな(笑) やれやれ・・・。
11月は東京に吸い込まれること、間違いなし。

 うちの弟、今日の昼休みはさぞかし忙しかったんだろうなあ(笑)
もしかして、中央線でとんぼ帰りしたんだろうか。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火曜日)

進化し続ける

 うーん、一生に一度だけでいいから雄琴行ってお殿様と呼ばれてみたいなあ(笑)

 10月1日からJR東日本の自動改札機でSuicaの自動チャージサービスが始まる。
Suicaイオカードの機能でチャージ残額が減るとチャージ手続き作業不要で補完されるというもの。
決済はビューカードから。私もViewのマークのカードを持っているので可能だ。あとはView Altteが関西(特に京都駅あたり)にあれば申し分ないんだけどね。10月1日は多分東京にいるので、ちょっと試してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月23日 (土曜日)

プロモだヨ、全員集合!?

 あうぅ・・・。OГZ

 公休。
今回の休みも大阪へ。またしても『おでかけパス』買い損ねていた。2週連続で何やってんだか・・・。
前日が遅出で残業も長かったので、今日は昼過ぎのスタート。

 夕方まで難波にいて、歩いて北堀江へ。hillsパン工場カフェでパンをむさぼっていた。
ゴマポテト、うーん、フランスパンベースで固いんだけどさつまいもがウマー。くせになりそう・・・。

 さらに四ツ橋線で西梅田に出てマルビルのタワーレコードへ。と、その時だ。マルビル付近の地下道(ちょうど6差路のとこ)で人だかりが。

 何やら1/1レーシングカー模型みたいなのが置かれていてなにやらゲームをやっている。Rb001Rb002Rb004

車体やパラソルの屋根には『RED BULL』の文字。付近にいた人は皆RED BULLを持って飲んでいる。
えっ、まさか・・・。
 そう、あのRED BULLがプロモーション活動をしていたのだ。しかもRED BULLを無料で頒布している。
行列(そう長くはないが・・・)をなしてもらってるもらってる・・・。
 判っていても私も一人の野次馬、商品の説明を細々と受け(笑)並んでタダでもらってきた。しかも持ち帰れないようにその場で開栓されてから渡された。実にちゃっかりしている。Rb003

 ちゃんとクーラーボックスでひえひえになったのをもらったが、味は、うーん・・・、ねぇ・・・。
まわりの人の反応も伺ってみたが「ウマイ」と言った人を見かけなかったのは気のせいか。
 最近、コカコーラからこれに類似した商品が発売されたから拡販に乗り出したのだろうか。

 で、気を取り直してタワーレコードへ。
邦楽から洋楽まですべてまわって、眺めて、試聴していたら、気がついた頃には夜になっていた(笑)
何時間いたんだよう・・・。

 10月1日から亀岡駅に4番線(4番のりば)が登場。それまで1番線(1番のりば)を発着していた列車はすべて4番線発着となる。それまで上りの特急--->普通、快速--->普通の乗継ぎが同一ホームでできていたのに、今後は階段を渡らなければならなくなったのだ。亀岡始発の列車って皆対象になるんだけど、これやられると不便なんだよね。毎時2分発の快速電車待っている時に、毎時4分発の普通電車(亀岡始発)の座席を待合室代わりにしていたからね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月19日 (火曜日)

学食と『たまき』

 保津川下り、運行再開だってさ。ふーん・・・。

 職場では毎日、色々な話題を扱っている。
私が話すことというのは、仕事の話(機器のメカニズムや原理などを含む)もかなり濃い内容なのだが、それ以外の部分も多い。
 最近は台風や雨雲など気象の話を中心にしている。台風の進路と前線の位置の関係とか、積乱雲のでき方とか、海流と漂流するゴミの関係とかね。
 天文なら、小惑星と超新星の違いとか(全然別物です!)、流星と流れ星の違いとか(全く同じです!)、星の写真と撮り方とかね。
 紅茶やコーヒーのことを聞かれると目をキラキラさせて答えてしまう(笑)

 で、今日は何の話をしたかというと、「学食」。

 大学の学食でよく何食ってた?とか、値段どんくらいだった?とか、面白いおばちゃんいた?とかね。そういや、職場の大卒メンバーだけで盛り上がってたな・・・(汗)
 うちのブログ来ている人の中には同じ大学にいた人たちも多いのでわかるだろうが、食券はバスの回数券みたいな金券もぎり式だった。一時期カラーコピーでの偽造で問題にもなったのだが。私はだいたい420円の定食(高いほう)を食っていたのだが、金欠時には救済食として「サービス定食」(通称『○○○ランチ』)というのもあった。あれって250円だったっけ?年に何回かは特別定食『ワラジステーキランチ』500円というのもあったが、私は絶対に飛びつかなかった(笑)
 それが今や、ICカード払いですよ。信じられますか?(いや、信じられない・・・)
雰囲気もガラリ。まさに『カフェレストラン』ですよ。どういうことですか!?
誰が建設寄付金出してると思ってるんだ・・・。 

 学食とともにうちの学生で有名なのが近所の大衆食堂『たまき』だ(嗚呼、行ってた大学がバレたかも・・・)。
ここのモットーは「質より量!」だ(笑)
 とにかく腹ペコの学生を満足させる、そのためには素材は安くて適当、ボリュームを絶やさないという徹底したサービス。ここのミート大盛はハンパじゃないボリューム形容し難いテイストで新入生に試練を与える場所でもある。私も耐えてきたので今がある(笑)
 しかも、ここは学内に出前もしてくれる。学部4年の時、土曜の昼間にひとり研究室で調べ物をしていた時のこと。昼時になって腹減ったなーと思って外を見たら土砂降りのような雨。このままじゃ学食行くまでにズブ濡れになると思い、たまきに電話して出前を頼んだ。五目やきそば1つ。したら20分後、たまきのおやじ(店主)がズブ濡れになって嫌そ~うな顔して持ってきてくれた。しかも、スープ付きで。いやあ、ゴメンね~。便利で助かってますってね、言い訳しといた(笑)

 しばらく大学にも顔出してないなあ。うちの研究室無くなったしなあ。久々に怖いものみたさでたまきに寄りたい。 

 関西1週間に何故か私の実家の地元が載ってる・・・。
激しく謎。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日曜日)

だんじり祭初見物

 長澤まさみにモエスなのは先述の通りなのだが、最近誌面を賑わせている山田優も気になる・・・。
タイプではないんだけどね。

 公休。
 一度見てみたかった岸和田のだんじり祭へ。
あの清原を育てた街だ。きっと破天荒な人達ばっかりに違いない(笑)

 難波駅にだんじり祭のパンフが置いてあった。
そのマップを見て電車の車内で予習(ルートの把握)。

 岸和田駅に着くと、先着していた区間急行の乗客がまだ階段を降りきれていない。
それを横目に私はエレベータにまわりチャッチャと先に改札を抜けた。
改札を出た途端、いきなりでかいだんじりが通過して盛り上がっていた。
Img_1815

その時から私のボルテージも一気にアップ

うおぉ~、待て~!

デジカメを持って今過ぎ去っただんじりを追いかけた。したら・・・、
隣の交差点で休憩していた。追っかける必要ないじゃん・・・OГZ

 他のエリアはどうなってんだろ?と思い、海(カンカン場)の方へ歩いて向かっていった。
途中、沼町の交差点で先に人だかりができていて動いていない。
どうやら混みあいすぎて先が詰まってて動けないらしい。
 人眺めて写真撮っても面白くねえなあ・・・と思い、西に動くのを諦め、南に向かって移動した。
駅前の商店街(アーケード)にさしかかったところで、もの凄い速さでだんじりが来た。しかも2町分
これは面白そうだと思い、人だかりから少し離れたところで通過するだんじりを狙った。しかし・・・、

 だんじりが速いのか、デジカメのシャッター速度が遅いのか、結構遅れてしまった。
Img_1819
Img_1820

 ここは頻繁に来るが捉えるのが難しいので、さらに南に移動してみた。
城見橋、駅南の交差点で結構良いアングルで撮れた。
さらにガード下でも1枚ゲット。
Img_1827

 ということで、岸和田駅に戻ってきた。
そういや、破天荒な人、破天荒そうな人、見つかんなかったなあ(笑)
みんながみんな、そうじゃないのか(当たり前だろ・・・)。

 帰りは特急サザンの指定席でゆったり。
難波から心斎橋までクネクネとミナミの街を散策。
やっぱ人多いなあ。

 今日使ったのは、ICOCA定期券しか使っていない。
JRはもちろん、御堂筋線にも南海電車にも使えるのだ。便利なもんだ。
実は『関西おでかけパス』を使えばもっと安く行けるのだが、
先週うっかりしていて買い忘れていたのだ・・・OГZ

 歩きまくって疲れたので、買い物は別の公休日にするか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月15日 (金曜日)

稀少な快適席はいかが? ~クラスJ導入機拡大~

 最近、長澤まさみにモエスなぴしあんです(笑)
(嗚呼、こう書くとまた波紋呼びそう・・・)

 JAL国内線時刻表(10月版)を見ていた。
何とMD-90B737-400にもクラスJを装備するそうだ。
何席だろうな?と思ったら、20席・・・OГZ
MD-90に至っては18席しかない。
しかもJEXとJTAの福岡~那覇だけだって。伊丹~石垣は無いのかよ・・・OГZ

 しっかし、何だろうなあ・・・。一度クラスJ座るとヤミツキになるよなあ。
完全にJALの戦略にどっぷりハマっているのがわかる。

 台風13号、大型で近畿地方を直撃だって。勘弁してくれよ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水曜日)

果たして・・・

 JR西日本の某駅にこんなポスターがありました。
効果はあるのでしょうか?(笑)
Hi350093
説得力あるんだかないんだか理解に苦しむのは私だけ??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月曜日)

お兄ちゃんは鼻が高いよ(謎)

 公休情報、8月分を更新するの忘れてたせいか静かだったのだが、9月分をきちんと更新したら問い合わせが相次いでいる。しかも月末に。やっぱり東京滞在の日数を増やすべきかなぁ・・・。

やったね!
きのう見つけたニュースなんだが。

宮崎あおい08年NHK大河ドラマでも主演

 映画に、ドラマに、コツコツ実績を重ねてきたあおいちゃんが、ついに大河よ、フッ・・・。
うれしいじゃないの。今夜はビールでカンパーイ!って、ひとり晩酌だけどな。
あっ、できればお酌してもらいてえ、なんつって。
やばいやばい、弟とキャラかぶってる・・・OГZ

 朝から「たーらこー、たーらこー、たーっぷり、たーらこー・・・」のメロディが頭の上をグルグル・・・。
根詰めて仕事してると時々こうなるのだが、やっぱりたらこはダメだ、パンチがない。明太子じゃなきゃ
冗談抜きで昨晩は4時間睡眠(ぴしあん基準でイエローカード)。何か寝付けなくてな。不眠症再発だけはなんとか避けたい・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金曜日)

けんぴん2

 気がついたら、千代川のビリヤード場が潰れていた。

 遅出。
生産状況が悪く、帰る間際に
「検品手伝ってくれ~」の泣き寝入りが・・・。

あーあ、またかよ・・・OГZ と渋々冷蔵庫に行ったら、
隣の職場の先輩であるO氏にいきなり
「すんません。ご迷惑をおかけします。」
と深々と頭を下げられてしまった。これでは嫌とは言えない。
ということで1時間パレットの上で奮闘してきた。

O氏には逆らえない。頭下げられたからというより、逆にこの人を敵にまわすと
会社の籍が危うくなるとか怪我するとかだけならまだマシほうで、ヘタすると・・・、

命落とすかもよ(笑)

って、これ内緒ね・・・。

それにしても、冷蔵庫って寒い・・・。
冬場になれば冷蔵庫のほうが暖かいのになあ。
そういえば、営業やってた時は平気で半袖姿で2時間位冷蔵庫いたのにね。
今は真似できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木曜日)

消防訓練

 今日から目覚ましのアラーム音を"LocoRoco SONG"(PSPのロコロコのCMソングね)にしてみた。
いやぁ、結構爽やかですな。気分良くバッチリ起きられました。

 今日から消防訓練の練習が始まった。正確にいうと「屋内消火栓操法訓練」。
対象は私と他職場の2人の合わせて3人。10月に行われる南丹市の操法大会に会社代表として出場することになった。えらいこっちゃ。
 メンツをみたら元同僚のM氏と同年代のO氏の2人だった。とりあえず安心「ホッ・・・」。
集合して消火栓扉を開け、ホースを伸ばし、ターゲットに放水を当て、指揮に従って戻ってくるという一連の作業だ。
 今日は大まかに操法演習の内容を見て雰囲気を掴むことが中心。あと、基本姿勢をはじめとする待機姿勢の練習、方向転換の練習をした。慣れていないと「右向け右」や「回れ右」が如何に難しいか、結構苦戦した。私も一時期、仕事で某有名駐屯地に出入りしていたので演習の様子をよく見てはいたので、私にできそう・・・と思っていたが、この消防隊の姿勢難度は自衛隊や軍隊と同等か、それを上回っているかもしれない。軍隊のそれをマネしていたら「みっともない」って注意された。
 そんなこんなで、2時間近くクルクル回っていたり敬礼したりして練習した。なんだか、ドラマのロケみたいだな。
完全に「なりきる」という意味ではね。
 それにしても、うちの上司はえらいものを引き受けてしまったんだなあ。

 こないだプラッツ近鉄の旭屋書店で関西ウォーカーと同時に入手した東京ウォーカーを読んでいたのだが、特集の名物商店街。戸越銀座がでかでかと載っていた。一時期、私が某店でバイトしていた商店街だ。紙面の通り「惣菜のおいしい」商店街だけに隣の武蔵小山と併せて食べ歩きしたこともあったし、痛すぎる恋のエピソード(泣)もここで起きたよなあ。うーん、何か懐かしいなあ。
 東京ウォーカーも一時期は、表参道とか六本木とか恵比寿とかシャレた街ばっかり特集してて親近感無かったのだが、最近はこういう商店街モノや下町とか扱ってくれるようになったんだね。できれば山手線の外っかわで西の方をよろしく(笑)

 竜太ぁ~!Hi350083
(私のひざの上で遊ぶ竜太@実家)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水曜日)

色々あったけど・・・ ~電車de若狭~

 トロッコ列車のような速度で特急料金取られてたら、たまらんわ(泣)

 公休。18きっぷが10日までの期限なので今日使うことに。
思いつきで、敦賀行って小浜線乗って帰ってくることにした。

 先ずは午前中、コンタクトの定期健診のため京都市内の眼科へ。
3ヶ月ぶりに円町駅で降りた。
 院内は随分、年寄りが多かった。だが、当然コンタクトの用件である筈がないので、意外と早く済ませられた。
取説のコピー持ってたから読んでいるうちに番がまわってきたのだろう。しかも、診察時間は1分もかからなかった

先生:「眼の調子は如何ですか?」

ぴし:「はい、日に日に渇かなくなってきて、良くなってます。」

先生:「(私の眼を観察して)あー、随分良くなりましたねー。はい、じゃあ、いいですよ。」

ぴし:「あっ、も、もう終わりですか。ありがとうございます。」

先生:「おだいじに。」

 終わった頃、昼時となり、近くのラーメン屋で好物のつけめんを食し、二条から京都駅へ。
ここからがミニトリップの始まりだ。

京都13:45LV---(湖西線 新快速 近江今津行)--->近江今津14:34AR

 琵琶湖を眺めるため、進行方向右側を確保。
まずまずの天気で湖もソコソコ見られる程度だった。空いていたし、揺れもなく何とも快適な車内。

近江今津14:47LV---(湖西線・北陸線 普通 近江塩津経由長浜行)--->木ノ本15:19AR

 まっすぐ敦賀まで行ってくれればめんどくさくないのだが、何故かこの電車は近江塩津で折り返して長浜へ行く電車だ。そのため、敦賀へ行くには近江塩津で、長浜から来る福井行に乗り換えなければいけないのだが、乗換え時間は30分。駅前に何もない近江塩津でボーッと待っているのはアホクサと思い、乗換え時間の短くなる駅はどこかな?と探してみたら木ノ本だった。乗換え時間わずか9分(笑)

木ノ本15:28LV---(北陸線 普通 福井行)--->敦賀15:52

 寝台車を改造した、なんだか屋根の低い狭苦しいのが来た。
周りが山ばっかりでつまらないのでずーっと英文の翻訳作業をしていた。気がついたら敦賀(笑)

 何か風呂入りたいなーと思い、パンフみたら温泉があるではないか。ということで、ちょうど発車しかけたバスに乗り、ウェルサンピア敦賀へ。
 500円とは何とも安い!乗り継ぎの電車もそんなに待ち時間がないので20分であがった。
でも結構暖まった。いい湯だな♪
さすがに帰りのバスだと間に合わないので、フロントでタクシーのこと聞いていたら・・・、
何と、近くを通りかかったご家族に「敦賀の駅まで乗ってく?」と声をかけられ、頭を下げて送ってもらった。

お名前も聞かずに、敦賀駅まで乗せていただき、ありがとうございましたm(_ _)m

せめて、ここのアドレスだけでも教えておけばよかったなあ・・・。
 何とか小浜線の電車に間に合った。しかも進行方向右側(海がみえるほう)を確保。

敦賀16:45LV---(小浜線 普通 東舞鶴行)--->東舞鶴18:44AR

 しばらく海が見えなさそうなので、英文の翻訳作業をしていた。
それにしても、一駅一駅つく度に車窓をみていたのだが景色は相変わらず山ばっかり。
つまらん、つまらん・・・、と思っているうちにだんだん空が暗くなってきて、見えなくなった頃には諦めて東舞鶴着くまで翻訳作業に没頭していた(笑)

 小浜線、海が見えると思って楽しみにしていたのに、見えないんじゃ何の価値もないね。

東舞鶴18:51LV---(舞鶴線 普通 綾部行)--->綾部19:20AR

 さすがに英文読み通しで目が疲れた。と、乗り換えた綾部行は何と特急車両。しかもガラガラ。
こいつはラッキー♪テーブル出してリクライニング倒して、優雅に(さっき敦賀でせしめてきた弁当と惣菜で)夕食。

綾部19:30LV予定---(山陰線 特急はしだて8号)--->園部20:14AR予定
園部20:22LV予定---(嵯峨野線 普通 京都行)--->亀岡20:44AR予定

 さすがに後の普通電車を待っていると亀岡着くのが遅くなるので、綾部~園部で特急を使うことにした。
特急券と乗車券を買って入ってみると・・・、どうやら大雨で山陰線のダイヤが乱れて、電車が遅れているらしい。
綾部を20分遅れの19:50頃発車。したものの・・・、ハナっからトロトロ走っていてまるでトロッコ列車状態。
ヲイヲイ、ダメじゃん、と思いつつも英文翻訳を再開した。
 あちこち通過駅を運転停車しては走りだし・・・、の繰り返しをしていたようだが、忘れた頃に園部に近づいた。
園部に着く頃には遅れが55分にまで膨れ上がっていた。しかも接続の普通電車がない・・・。こりゃダメだと思い、亀岡まで乗変した。園部からは定期券を持っていたので特急券の差額だけで済んだ。

 亀岡についたのは21:40。実に当初の予定より1時間近くロスし、金額も310円のロス。
実にヒドイ特急だった。まあ、私なんかまだマシなほうで、東京方面へ帰る人なんか新幹線の接続切られたみたいだからね、実に悲惨だ。私だったら京都駅でまた暴れていたかもしれないが・・・。
お気の毒に・・・。

 乗ってわかったこと。
小浜線、景色に期待するな」ということ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 5日 (火曜日)

けんぴん

 上下問わず公務員が犯罪で検挙された数って多いのね。
今まで「公務員ってきっと、民度が高いんだろうなあ」って、民間人の私ですら思ったのに。
先日の福岡市職員の飲酒運転や京都市長の開き直り答弁が極端な例でありますように。
まさか氷山の一角なんかじゃないだろうね??

 ちなみに、私が大学で受けた職業適性試験、2つ位受けたような気がするんだけどどちらの結果も最適職業が「公務員」だった(笑)。それでも今、平気な顔してダメダメな民間企業の悲哀な下っ端社員やってるけどね。

 今日はフリー。勤務作成当初は明日と合わせて2連休になっていたのだが、「有休(の保有日数)が1日減るからヤダー!」ってゴネたら、フリーにしてくれた。熱は平熱に戻ったものの、風邪には変わりなかったのでちょうど良かった。「今日はいつもできない取り組みをしてやるぞ!」と鼻息荒く仕事していたのだが、上司からとんでもないお誘いが・・・。
 検品だ。しかも10パレット(泣)
検品って普通はライン長やリーダーの仕事なのだが、何で下っ端の私がー・・・、あぅぅ。
タダでさえ風邪引いてるってのに、10℃以下の部屋へ連れてくるなよ、もう・・・。

 せっかくの貴重なフリーポジションの時間を検品なんかに費やされてしまったので
それまで良かった機嫌が、検品を境に一気に悪化した。暴れてぇ・・・。

 hira氏からドイツのお土産が届いた。
美味しいものが3点ほど。ドイツらしい一品も。
うれしいねえ。どうもありがとう、美味しく飲食させてもらいます。>hira氏

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月曜日)

LOHAS(ロハス)

 うちの職場に新しい機器が来たので、取説を読もうと思ったら日本語が無かった。
ドイツのメーカーだからね。どうやら4ヶ国語で書かれているのは判ったのだが、ドイツ語、英語、フランス語とあと一つは・・・多分ラテン語のようだ。で、社員同士で話し合っているうちに、いつのまにか私が翻訳することになっていた。 ということで、罪もない私は宿題をふっかけられました。「お前、英語できそうだし」という根拠の無い理由を並べられて・・・。あー、もう・・・。

 最近、LOHAS(ロハス)という言葉をを耳にし、目にする。
だけど意味をよく知らない人も多いのではと思うし、私自身よくわかっていないのでいくつかのサイトで調べてみた。

 Lifestyles Of Health And Sustainability (健康と地球の持続可能性を志向するライフスタイル)の略で、一般的に健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルと解釈されている。この言葉自体はあくまで概念だ。

 1998年にアメリカの社会学者ポール・レイと心理学者のシェリー・アンダーソンが、環境や健康への意識テーマに、それらの関心が高い人々の存在をきっかけとし、レイと起業家のジルカ・リサビ(後のGAIAM創立者)が協力して開発したマーケティングコンセプトが "LOHAS" である。アメリカでは毎年LOHAS市場を拡大するためのLOHAS会議が開催されている。

 日本では、「健康と環境を志向するライフスタイル」と意訳され、スローライフやエコに続いて広まった。
2000年9月に日経新聞が掲載。これをきっかけにマスメディアが注目したことでロハスが広まっていった。 2005年の調査によると、日本の成人の29%がLOHAS層だという。

 「ロハス商品の審査・承認」、「ロハスマークの発行・許諾」、「ロハスデザイン大賞の運営」「ロハス・ライセンスビジネスの展開」の業務を執る機関として有限責任中間法人「ロハスクラブ」がある。この理事の一人に坂本龍一氏が挙がっている。

 概念ばかり説明していても面白くないので、身近な生活の中でできるLOHASは何かというと、

(1)マイ箸を持参することで割箸の使用を削減できること。【環境】
(2)オリジナルバッグを持参することでレジ袋を使う必要がなくなること。【環境】
(3)山奥のお寺さんの宿坊で精進料理をいただき宿泊する。【健康】【環境】
(4)自然食レストランで食事をする。【健康】
(5)無農薬野菜、無農薬果物を購入または農業体験で収穫し、新鮮なうちに消費する【健康】【環境】

私が思いつくだけでもざっとこんなに出てくる。一部のサイトでは
「マクロビ(=マクロビクス)自体が既にLOHASだ」という主張もされている。
そう言われてみればそうだな。

 朝から頭ボーッとして、会社行ったら喉痛いわ、鼻水でるわ、声はおかしいわで調子が悪かった。
夏バテの私の体に風邪が襲いかかったらしい。そういや、今朝エアコン入れてないのに涼しかったもんな・・・。
おまけに会社でコンタクト落として見つからんわで踏んだりけったり。それとは裏腹に、久々に仕事でエキサイトしたので、まあ、いっか。体調が悪い時に限って仕事が充実って何だかなあ・・・。
さすがに運転もしんどいので今日はおとなしく亀岡にこもることに。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月 3日 (日曜日)

うぅーん・・・、ちょっと残念 ~京王電鉄ダイヤ改定~

 どいつもこいつも旅行行きやがって・・・、くそー。
マジメに働くおいらが結局バカを見ているんだな・・・。
しばらく旅行に行けてないよう(泣)
でも、お土産待ってるよ(爆)>皆さん

http://www.keio.co.jp/news/nr060731v01/index.html

 私の実家の地元を走る京王電鉄で9/1にダイヤ改定が行われた。
対象は京王線、井の頭線と乗入れ先の都営新宿線だ。

 先ずは京王線から。
 調布駅の地下化・地下立体化工事に関連し、全体的にスピードダウンしたダイヤだそうだ。今までがカツカツなダイヤで、遅延のヒドさはJR西日本を上回るという悪評があった。まあ、いうなれば「正常化」したともいえる。
平日の朝ダイヤは急行+通勤快速が2に対し、普通電車(各停)1の割合だったのを1対1まで比率を変えるという状態。私が高校に通学していた時のダイヤに戻すつもりらしい。これで遅延改善を図るとか言ってるし。何やってんだか・・・。
 夜ダイヤに関しては輸送力が改定ごとに増強されているからこれ以上の文句は言うまい。ヒドくなったのは土曜・休日ダイヤだ。
 目を疑ったのが、終日、新宿~京王八王子間の特急を全て準特急に格下げするというのだ。ヲイヲイ、京王の売りって、隣を走る中央特快はおろか特急かいじよりも速い特急電車じゃなかったのか!?その特急を全部準特急にするとは。分倍河原や北野にそんなに停める必要あるのか??あんな閑古鳥・・・(ry
 で、既に運用されている新宿~高尾山口間の準特急もスピードダウンすることに。高尾線内は各停になるらしい。もはや高尾山へのハイキング客をバカにしているとしか思えない・・・。
 もう一つ肩を落としたのは、夜のダイヤ。準特急を京王線方面、快速を相模原線方面に振り分けただけの手抜きダイヤ。急行が一切なくなり明らかに輸送力が落ちた。

 一方、井の頭線は夜の普通電車(各停)が10分間隔から8分間隔に増発されるそうで、これは申し分ない。

 私は、帰省で2ヶ月に一度位しか京王電車に乗らないのだが、たいがい土日に利用するので歌舞伎町で飲んで新宿で食事して夜遅く実家へ帰るのに乗るとか、逆に実家から亀岡へ帰るときに東京駅や羽田空港まで行くのに乗るとか使い道は結構ある。それだけに・・・、うーん・・・、残念だ・・・。

 それよりも急行を仙川にも停めたほうがイイかも(謎)

 これ書いているうちに、吉祥寺の例の寿司屋行ってたらふく食いたい気分になってきた。ついでにいせやにも・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金曜日)

来るでしょう、うどんブーム! ~UDON~

 「イナカのクチコミの速さは、インターネットよりすごいで!」by 鈴木庄介

 公休。
 スターバックスのテイスティングパーティに参加。顔見知りの店員さんがいる高槻のお店へ。
無料で秋の新メニューが試食できるのは嬉しいが、何せ量が少ない(笑)

 高槻に来ているついでにTOHOシネマズ高槻で『UDON』を観てきた。
今日は1日なので1,000円で観られるのだ(ファーストデイ)。

 香川県出身の本広克行氏の作品だ。当然のごとく、讃岐の情景が美しく描かれている。
松井製麺所を一度は捨てた香助(松井香助;演・ユースケサンタマリア)が、タウン情報さぬきのうどん屋取材を通じて、一杯のうどんに込められたあらゆる気持ちに気付いて、再び気持ちと共に製麺所に戻ってくるというストーリー。
 その過程には「麺通団」の存在が欠かせない。宮川恭子(演・小西真奈美)にしても、鈴木庄介(演・トータス松本)にしても、うどん部員にしても(笑)・・・。
 NYでの失敗と多額の借金、麺打ちひとすじの父親との確執、母親の苦労死。香助にこのような暗い影がさしていても、讃岐の国と仲間達は優しく迎えてくれて、そして接してくれた。目的が定まればひたむきに取組む香助の姿と共に、温かみのある讃岐の人たちや情景を堪能できた。
 さぬきうどんとそのブームを決して美化するだけでなく、泥くさい現実を見せ付けるだけでなく、あらゆる角度から感情を表現していて、バランスのとれた仕上がりで、もちろん感動も込められている作品だと感じた。

 もともと、さぬきうどんが大好きな私ではあるのだが、これを観て、もっと好きになった
永遠に消えないブームだと思って、これからも瀬戸大橋や明石海峡大橋を渡って食べに出向きたい。

 食べ方色々、バリエーションは無限大。
だしカケも、モリも、かまたまもウマイ。
かき揚げのせても、しっぽくでもウマイ。

 あー、観終わったら食いてーな(笑)

 それにしても、新型マーチを何台潰してるんだか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »