« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金曜日)

5%オフ

 スルッとKANSAIの2DAYSチケットが期限切れになっていることに今頃気付いた。
ショックでかすぎ・・・。

 結局、朝食後に自分の部屋で紅茶を淹れてしまい、紅茶屋さんに出かけることはなかった(笑)
しかも、その後昼寝をしてしまった。普段昼寝なんてしないのに・・・。

 夕方前にムクッと起きだして、クルマで老ノ坂越えてDシティ・ハナへ。
こないだしたタイヤローテーションの走行試験兼ねて。
どうやら明日あさっての走行には問題なさそうだ。

 ジャスコで買い物。
今日は30日なので生鮮・衣料が5%オフなのだ。
2階で、なかなか粋な「かりゆし」(沖縄産の開襟シャツ)をみつけたので即ゲット。明日着ていこうかな。
 ついでにコスモコート(フードコート)で食事してスタバでいつものようにマターリ・・・。お約束のパターンなのだがこれが結構安上がりなのでクセになる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微妙な・・・

 きのうは途中で力尽きて、記事書いている途中で落ちてしまった・・・。
というわけで、朝から記事書いている始末。体力落ちたナァ(泣)

 公休。明日とあさってに希望休獲ったので実質的には3連休になるのだが、今日は何も用事がない。
何とも微妙な休日。
シャワー浴びて久々にはなまるマーケットみながらのんびり朝食。

 何となく紅茶が飲みたい気分。茶葉仕入れてあるからうちでも飲めるのだが、今日はどこの紅茶屋さん行こうかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水曜日)

新宿

 今日の都内は真夏日だそうで。まだ7月にもなってないのに、これから大変になるねぇ。

 そんな東京の話題。

 ウォーカープラスのサイトに「新宿ウォーカー」が追加された。街角ウォーカーとしては池袋、足立区、堺市、湘南鎌倉、さいたまに続いて6番目。
 チラッとコンテンツを覗きまわってみたが、やはり東京ウォーカー編集部が力を入れている地域だけあって、「へぇー、こんなお店できたんだねー」ってとことか、「あ”-!そこ教えちゃダメだって!!」ってとこもある。まあ、良くも悪くも新宿の「オンラインバイブル」みたいな仕上がりだ。
 うーん、誰もが気軽に便利に利用できるようになった街、新宿。うれしいような、惜しいような・・・。

 かつてルミネ2の6階にあったタワーレコード新宿店(今は隣のFlagsに拡大移転)とサテライトスタジオ(主にFM-FUJIが使用していた)や私がよく外の線路を眺めていたDAY BY DAY(学校の帰りにリクエストカードを書きながらホットドッグを食べていた)、それら3つとも今は無い。

 日本一の乗降客数を誇る駅だけに、利用者ひとりひとりがそれぞれ秘密の「オアシス(癒し空間)」を持っていた。で、これからもこの街は、確実に、少しずつ変わっていく。それでも、それぞれの「オアシス」は残っていてくれるだろうか・・・。

 ってことで、今度(か、もしくは次の)帰省の時にはぴしあん帰省オフを新宿でやるぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月曜日)

見かけられてマス、私

 無性にもんじゃが食いたくなってきた・・・。

 亀岡市内のとあるスーパー(サティじゃないよ)で、前の工場で一緒に仕事していたO副主任とHさんにバッタリ会った。組合のボウリング大会があったのでその帰りだそうだ。

 職場事情とか話し込むこと1時間、人を増やしたら増やしたなりに大変だとか、まあ色々あるようだが、今でも私の話題がのぼるようだ。私も前の工場を離れて1年半経つというのにまだ覚えているのか、と呆れた。というのも、私の近所に前の職場の人が沢山住んでいるし、私のアパートの前を通って通勤する人が少なくとも10人はいるから。ましてや、私が電車通勤しているもんだから歩道を歩いているところを目撃されているらしい。それが亀岡の人だけならともかく、園部の人たちにも見られているらしい。見かけたんなら、声かけたりクラクションで合図してくれたりしてくれてもいいのにな・・・。

 もっとも、オフの日や会社帰りの時に亀岡駅の周辺を歩いていると(西友とかサティとかのあたりね)うちの工場の人たちにも見られていて、後日報告が来る。だからその時に声かけてくれって言ってるのになー・・・。一人で歩いている時は目吊り上げてムスッとしていることが多く、職場ではどちらかというとニコッと明るく振舞っているのでイメージ低下になってしまうのだ。

 どっちみち、亀岡では悪いことはできない(いや、悪いことなんてしてないけど)・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土曜日)

あうぅ・・・。(泣)

 プチ楽しみにしていたMISATOの山中湖ライブ、行けなくなってしまった。
今日、職場のHさんが来月の勤務表作成されていて、途中で私に依頼が来た。

Hさん:「この日とこの日、メンテと校正頼みたいんや。
    サンプル来る日がこの日なんでどうしてもここしか組めんのよ。」

私:  「えっ、こ、この日ですか・・・(ヤバイなぁ、この日ってMISATOの・・・)。
    この2つって前倒しできませんよね。」

Hさん:「そうや。この2つができるの、僕とあんたしかおらんし。会議がなければ僕がしよるしのう。」

私:  「そうですよね・・・。じゃ、僕がやります・・・。(あうぅ、終わった・・・。)」
 
 Hさんには休みの日に何かとお世話になっているし、こういう時でないと恩返しできない
それにしても、希望休取得の失敗はこれが初めて。
 まあ、何でも思う通りにはいかないってことですな。

言いだしっぺのくせして、キャンセルしちゃってごめんなさいm(_ _)m>nikko先輩、hiraさん

しばらく凹みそうです・・・(泣)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金曜日)

使いまわし

 さかな、キノコ・・・で、次は冷凍みかんですか、そうですか・・・。

 外勤やら公休やらで平日に2日間も職場空けとくとロクなことがない。
先日、空っぽにしておいたはずの私のレターケース、満杯の書類が入っていた。
回覧文書が13通(泣)、給与明細、健保明細、報告書の返却4通に謎の封筒1枚。
表には「請求書在中」とある。裏には取引先の名前。
 「おっかしーなー、稟議まわしてあるはずだけどなー・・・」
って中をみたら、私の源泉徴収票が入っていた。
 ホッとした次の瞬間
 「封筒使いまわしするんなら、もうちょい気ぃきかせてくれよ・・・」

 うちの会社は、規模がでかいだけの儲からない赤字会社なので、裏紙を積極的に活用している。
その裏紙使用の管理者が私なのだが、まあ、みんなめんどくさがりなのか、プリンタの手差しトレーには驚くような紙が入っている。両面印刷された紙や、向きを裏向きに入れた紙とか、便箋に使うような薄紙(くしゃくしゃになる)、ひどい時にはステープラーの針がついたまんまの紙束とかね。こういうの見ると今にもキレそうだ。
 プリンタで印刷不良が起きるとたいてい私にまわってくきて、紙の取り出しからドラムの点検(傷の有無)に用紙チェックをする。
 こんなしょうもないトラブル対応をするくらいなら、裏紙使わないで更の紙を使って欲しい。
私が楽になるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木曜日)

三億円事件 ~初恋~

大人になんかなりたくない・・・」by みすず

 公休。
 午前中はタイヤローテーションをした。
あまりクルマを運転しなくなって、たまに買い物や給油(と一部の早出遅出勤務)の時くらいなもんだから、
タイヤがスタッドレスのまんまになっていて、慌てて交換したわけだ。
来週末は丹後&若狭のツアーが待ち構えている。
先ずはベランダから、重いホイールを外の歩道に放り出す作業。
いちいち玄関から1個1個出していては、しちめんどくさい。
一気にバシバシやるのが江戸武蔵野ッ子の流儀。
歩道を歩いている人たちは反対側の歩道に逃げる始末。誰も手伝ってくんねえのかよ!
って、別に手伝って欲しいとも思わないが・・・。
 で、空き地に移動して交換。と、その時がダーって降ってきた。
ズブ濡れになりながらも何とかタイヤ交換が終了。
そして、私の服も交換・・・。数年ぶりにはいたジーンズもたった1時間で洗濯機直行。

 着替えた後は、いつものようにお出かけ。
 以前からこうしくんに煽られていた「初恋」を観に、COCON烏丸3階にある京都シネマへ。
ギリギリ12:45の上映に間に合った。

 1960年代の新宿。山手線や中央線のガード下には大久保まで立ち飲み屋が並び、歌舞伎町にはジャズ喫茶がハバを利かせていて、南口の甲州街道(武蔵野館のあたり)も、いい感じに薄汚かった頃。今のような「誰でも気軽に歩ける新宿」ではなくて、「一度知ったら他の人に教えたくない隠れ家的な新宿」、そう、あるべき姿の新宿だ。
 学生達が「権力」という無形物に反発し、闘争を繰り返していた時代、まだ私が生まれていない頃の話。
ジャズ喫茶"B"での、穏やかならぬ、それでいて何かとまとまっている仲間達が繰り広げられるストーリー。
誰にも構ってもらえず寂しい思いをしていた女子高生みすず(=宮崎あおい)が織り成す年頃特有の心情変化が実に巧み
まっすぐな気持ちに、人に頼られることの喜びを加え、あの伝説の「三億円事件」を・・・だ。
 私も知らなかった「この時代」には今でも憧れがある。
見かけは皆「事情持ち」で不良(ワル)の風貌があるけれど、皆、確固としたポリシーがあり、学校の成績も良かった人ようなたち。勉強にも悪さにもハンパじゃなかった頃の学生。私もそんな学生になりたかったが、勉強も足りなかったし遊びも足りなかった。
 岸の冷静かつちょいワルで、それでいて明確な意思を持っていたキャラ、現代の男性にはなかなかいないだろう。
 私はみすずのお兄ちゃん(といっても、リョウではないけど)のような気持ちで展開を見守るように観ていた。
 改めて、新宿の街が好きになった。
できれば、今のテコ入れ後の新宿じゃなくて、せめて90年代前半の「60年代の名残り」があった頃の新宿に戻してほしい。無理とはわかっていながらも・・・。

 四条烏丸に来たメリットを生かして、銀行まわってボーナス分配。 
auのプランにMY割を加えた効果で、携帯の支払い金額が大幅に下がった。
月々に金回りが良くなっている。余った分は各種積み立てにまわせるようになった。
===
【お知らせ】
Ki(金城)のコーナーはサーバ移転により
6月21日付でアドレスが変更となりました。アドレスは、
http://kinjo100.hp.infoseek.co.jp/
です。逐次、修正・改良を施していきます。
ブックマークされている方は変更をお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水曜日)

千里は一里?~せんり違い~

 今夜も年谷川の蛍がキレイです。

 セミナー参加のため外勤。センチュウ(=千里中央)へ。
微生物関係のセミナーなんだが、うちの上司が興味本位で申し込んだのを(会議で参加できなくなったという理由で)私が出ることに。高校で物理選択だった私にバイオロジー(微生物学)はかなり酷な内容
 今回のセミナー内容は、私にはあまり興味無いものばかりだったが、でも、仕事だから仕方ない、報告書だけは作成しといた(私の研修・外勤・出張報告書は帰りがけのスタバで、その日のうちに仕上げてしまうのがほとんど。一日経ったら記憶なんて半減するもんね)。
 ロビーで無料配布していた以前のセミナーレジュメや論文集を読んでいたら、結構興味深い内容ばかりだった。
うわー、今年よりも昨年のセミナーに行きたかったなー・・・。

 最近、ケータイのメールを覚えた実家のかーちゃんから。
「連休長々とって『みやちゃん』と称して宮津で寝っころがってないで、ちゃんと亀岡帰って仕事しなさい。」
だって。誰がアザラシじゃい!(怒)

 バスの運ちゃんを煽ってみたら、見事に快速急行に間に合った。
無茶でも一度は言ってみるもんだなー・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火曜日)

後半戦

 魔の6月突破まであと10日。もうゴールは見えてきた。
「6月を制するぴしあんは1年を制す」

 ちょっと興味本位で「RED BULL」(レッドブル)を飲んでみた。
あの、セブンイレブン限定で販売していて、あの説得力の無いCMのアレだ。
普通の清涼飲料なのかなって思ったら、炭酸飲料。それはまあ、いいとして・・・、
「エナジードリンク」と買いてある。いやゆる、オロナミンCやデカビタ等と同類だ。
しかも250mlで1本275円。高い・・・。
アルギニン、ナイアシン、カフェインが入っているのはともかく、
パントテン酸やビタミンB12やB6なんか入っているもんだから何とも微妙な味。
うーむ、どうなんだろ?と何とも評価し難い味だった。翼を授けるかどうかも微妙。
パフォーマンスを発揮したい目的は判るのだが、対象に「アクティブな学生」が例として書かれている。アクティブな学生って一体どんな学生だ?(笑)
 どうみても原産国の缶面表示をそのまま日本語に訳したような文言だ。

 前日不本意な夜勤で、明日は外勤なもんだから、遅出にできないツライツライ狭間。
何とか中継ぎ勤務にねじ込んだものの、睡眠不足には勝てない・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月曜日)

優柔不断2

 あうぅ・・・、迷ってます、迷ってます・・・。
やっぱりMISATO、何かやらかしてくれると思ったがやっぱり・・・ね。
チケットはまだ取れるからいいんだけどね、うーん・・・、山中湖か。
やっぱり行くべきだよね?どうする?>hiraさん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日曜日)

扇子

 随分蒸し暑くなってきた。そろそろ長袖も常時着ていられなくなったなあ。
目下、探し中なのは出先の冷房で冷えた時に羽織れるメンズのカーディガン。
私の定番カラー(黒)じゃなくてもいい、白でもいいから、買いにいきたいけどどこにあるだろうか?

 ついに今年最初の扇子お披露目をしてしまった。あまりにも暑くて
昨年までは奈良の法隆寺で購入したものを使っていたのだが紛失してしまったために、春先に購入。
以前のは実に15年も使っていたことになる。
で、新調したのは布製の紺の波型模様。布製だけに重みがあり風力自慢。でもって見た目も涼しい。なかなかシブイ柄だ。

 大学行ってた頃はよく扇子でいたずらして、の頭をポコポコ叩いていたのだが、今は叩く相手がいなくて寂しい(笑)

 私のなけなしのJALのマイルが誰かさんに狙われている。「おともdeマイル」で私の1万マイルを使って旅行したいんだと。言っておくけど、まだダメとは言ってないにしても、私のマイルの使い道は私が決めるので、そこんとこヨロシク。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土曜日)

「まんぷく」な男の休日

 公休。同じ職場のHさんと出かけた。
Hさんは前日遅出だったため、起きていそうな時間を見計らって八木へ。

 NさんとM副主任も公休なのだが、どうやら二人でつるんでパチンコか競馬に行ったようだ。連絡がとれなかった。名付けて「男二人の休日」。その後姿はまさに親子。歳もそんな感じだし。

 二条で昼食をとった後、先ずは三室戸寺。「あじさい寺」として有名なところだ。
西国三十三箇所の第十番札所でもあるのだが、私はちょうど昨年の6月に朱印をもらっているので今回は「普通の」参拝。Hさんは西国三十三箇所は巡拝していない(四国八十八箇所がメイン)方であるが、フリーの朱印帳をお持ちなので朱印をいただいていた。
 京阪電車の三室戸駅に着いた時には雨は本降りになっていて、傘を持ち合わせていなかったHさんのために私が持っていた折り畳みの傘をさした。さすがに男二人で入るには無理があり、私のほうが雨で濡れてしまった。私もHさんも小柄な身体なのだが、それ以上に傘が小さかった。
 三室戸寺に到着し、先ずは本堂お参り。あじさいとつつじで有名なのだが、鉢植えのも多数並んでいて緑豊かさを増してくれた。
 そして、庭園(紫陽花庭園)へ。今日は土曜日ということもあり随分沢山の参拝客がいた。
この庭園には紫陽花が1万株、つつじが2万株、シャクナゲが1,000本植えられている。
さすがに1万株あると、歩くところ一面あじさいだらけ。しかも程よく雨で濡れているので風情がたっぷり。
思わず写真を撮りたくなる衝動に駆られた。Hi350055_1

 雨は続くのだが次はお隣、黄檗の萬福寺へ。
三室戸駅にも黄檗駅にも駅前にコンビニが無く、傘を手に入れるのが困難だったのだが、黄檗駅前の花屋で傘を見つけた。これでHさんも傘を手に入れた。
 萬福寺に関しては私は2回目の参拝(初めて行った時はhira氏に連れて行ってもらったのだが)。
日本の寺院では珍しく、中国の寺院の伽藍配置と同じであり、長い回廊もまた珍しいものとなっている。
で、私が親近感を湧かせているのが斎堂前にある魚板の「開版」。木魚の原形だ。魚座だけに・・・。Hi350058
 ここでもHさんは御朱印をいただいていた。大雄宝殿(本堂にあたる場所)、法堂をまわり三門へ戻ってきた。

 黄檗駅(JR)から奈良線で京都駅を通り、市バス73系統でダイヤモンドシティ・ハナへ。
以前Hさんが行きそびれていた自然食バイキングのお店「はーべすと」へ。
 ここで私は延べ22品目をいただいた。ごはんも炊き込みごはんに麦飯に発芽玄米ごはんと合計3杯いただいた。先ずは1巡目。Hi350060
肉類をメインに。ごはんは麦飯。左上はHさんのプレート。
 次に2巡目。Hi350063
野菜類をメインに。ごはんは発芽玄米ごはん。なぜか牛乳もある(笑)。
 さすがに苦しい。でも、デザートも食っておきたいということでエイッと盛り付けてきたもの。Hi350064
枝豆の汁粉(左)に梅酒ゼリー(右)。団子を見せるために下に団子でかさ増ししたので後で食うのが大変だった。梅酒ゼリーは梅酒のアルコールが飛んでいないので香りがよくて美味かった。

 これだけ(22品目)食べて2,200円。
Hさんはともかく、私はモトこそ取れなかったがトントンといったところだろうか。

 腹ごなしに歩いて丹波口駅へ。

 よく歩き、よく食べた一日だったためか、帰りの嵯峨野線の電車の中では眠たかった・・・。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金曜日)

夏の電車は寒い?

 朝からバッチリな目覚め(良好な健康運)に、絶好調な仕事運。申し分ない一日だった。
仕事が思い通りに進む進む。時間余っておまけの報告書作成までできる始末。
これだけやって定時あがり(誰にも文句言わせねぇぞ・・・)。

 季節を感じる話題をひとつ。

ブルブル?女性専用車 弱冷房車との両立わずか
http://www.asahi.com/life/update/0616/007.html
===(引用ここから)
 京王線で通勤する東京都多摩市の女性(32)は夏が近づいても上着が手放せない。冷え性で冷房が苦手だ。女性専用車両に乗りたいが、夜は冷房が特に利いているので避けるという。女性は「友人も同じ悩みを持っています。せめて女性専用車両は冷房を弱くできないのでしょうか」と話す。
 京王電鉄は首都圏の私鉄で最も早い01年に女性専用車両を導入した。その際「利用者が一番わかりやすい位置」として、最も新宿寄りの通常冷房の車両に設定した。「寒い」という苦情が年数件届くが、同社広報部は「暑いとの声もある。今のところ設定温度を変える考えはありません」。
===(引用ここまで)
(c)朝日新聞社

 ご存知の人も多いと思うが、私は元々京王線ユーザーだったのでよくわかるのだが、京王電鉄は関東の私鉄でも1位2位を争うサービスの良い会社だ。電車に限らず、駅の待合室にも冷房が完備されていて(一部の駅を除く)、真夏の電車待ちも苦労しない。実に快適だ。
 そのかわし、弱冷車はムカツクほど暑いのが特徴。
確か設定温度は通常車両26℃、弱冷車28℃だと思ったが。

 ここで問題になっているのは、
「弱冷車が3号車」で
「女性専用車両が10号車(10両の場合)か8号車(8両の場合)」なので
できれば「女性専用車両=弱冷車=10号車または8号車」にしてほしい、
ということだ。
ちなみに、井の頭線の弱冷車は3号車で女性専用車両は無い(短いから設定されると困る)。

 この女性の意見、ごもっともだね。すぐにでも改善してほしいね。
でもって、3号車も通常の冷房に戻してほしいね
運賃値上げすれば浮いた利益で改造費用にまわるでしょ。

 東京は夜も熱い暑い。特に金曜は・・・ね。
ビアガーデン始まっているし、飲み屋が繁盛する。
飲んだあと酔いが覚めない(暑い)まんま電車に乗る。
そうなると弱冷車は地獄と化す

 新宿で飲み会に明け暮れていた学生の頃が懐かしい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木曜日)

ブルーベリー

 隣のマンションにブルーベリーの木が植えられており、ベランダのフェンスから外(道路)へ実がはみ出していた。うーん、食べたいけど・・・。
 私の実家でも庭にブルーベリーの木があり、だいたい夏になると実を摘み取り、ザルで水洗いや葉抜きして袋に入れ冷凍庫に保存する。よく、おやつに凍った実をポリポリ食べていたもんだが、なぜ私の視力が落ちたのかはいまだに謎だ。

 今日はフリー勤務。
 前日、遅出だったから別に定時勤務である必要はなかったのだが、試しに目覚ましかけてみたら起きられちゃったので定時出勤。ここで定時あがりすれば、ちょっとだけ北堀江に行けるかなぁって目論んでいたのだが、睡眠不足には勝てず、おとなしく亀岡で降り、帰った。

 晴耕雨読じゃないけど、うちでおとなしくしているのもたまには良いんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

身をもって学んだ

 仕事にしても仕事以外のことにしても同じことが言えるのだが、
ものごとには一人でできるものと、そうでないものがある。
様々な人が支えあうことで目標が達成できること、ひしひしと感じた。

 感謝を忘れ、おごる気持ちに付加価値は無い。
無心に、誠実に、緻密に取組むことで価値を評価される人になりたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月曜日)

水出しコーヒー、ちょっと失敗?

 職場でいきなり薬品名を言われて
「これって危険物だっけ?」
って聞かれると少々困るのだが、危険物乙4(引火性液体:いわゆるガソスタ資格)と乙6(酸化性液体)を持っている私としては、ある程度答えられないと困る。すぐ索引できないといけないのだが、取扱必携(手引き)を家に眠らせていては全然役に立たない

 5万近くしたシチズンのエコドライブ(電波)腕時計が正しい時刻を示さなくなってしまった。
購入してからもう6年も経つし、電池交換が要るのかな?てか、電池なんて内蔵されてるのか?
これを短時間で安価に点検できるのは・・・やっぱりヨドバシ・・・か。

 最近、ウォーカーや1週間などで「蛍(ほたる)」を観賞できるスポットが採り上げられているが、私はそんなスポットを探すのに苦労しない。なぜなら、
 近所で手軽に見られるスポットがあるからだ。
イナカに住んでても、たまにはこういうメリットがあるんだなあ(しみじみ)・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日曜日)

そうだ、水出しコーヒー、つくろう

 お願いだから、タイトル見て京都に来ないでね。>関東の皆さん

 蒸し暑くなり、飲み物の減りが早い季節になった。

 毎夏定番となっている「水出しコーヒー」をそろそろ作っていこうかと思い、久々に電動ミルをいじった。
去年は6月に色々あって気付くのが遅かった(7月下旬)のだが、帰りの電車でパッとひらめいたのが幸い。

そうだ、水出しコーヒー、つくろう

 去年から使っている豆を全部集め、ごったにして粗挽きに設定(細挽きにするとメチャメチャ苦くなる)。
ここからは人によって違うが、私の場合は挽いた豆をまた豆袋に戻し、必要に応じて出し入れしていく。
メリタかカリタ(コーノ使うのはもったいない!)のフィルターで水で抽出し、抽出したコーヒーを都度、濯いでおいた麦茶用ボトルに移し変えていく。水はミネラルウォーターもいいが、亀岡の水道水はウマイので水道水のまんま。
あとは冷蔵庫で一晩ねかす。

 うーむ、明日の朝が楽しみだ。

 今日の晩メシは温野菜とやっこ。にんじんが甘くてたまらん・・・。
 米を切らしたので実家に電話したら、うちの家族は今夜、吉祥寺で寿司だって。
チクチョー・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月10日 (土曜日)

 今日は何の日かご存知だろうか。

 「時の記念日」である。
 
 約1300年前に初めて時報を知らせたのが6月10日といわれることから、この記念日がつけられたそうだ。
明石の天文台をはじめ、各地の天文関係施設でイベントが行われたそうだ。
ちなみに私は仕事で行けなかった、残念

 私は大学で、作業空間や作業時間、そして作業者の動作分析をメインにした研究をいくつか行ったのだが、今、大切にしているのは「作業時間」である。
 人間の寿命というのはまちまちで必ずしも平等とはいえないのだが、生きている間に関しては、神様から与えられた「時間」というのは皆平等である。その「時間」をどう使おうと一人一人の勝手であるが、一度きりの人生なんだから、私としては無駄に使いたくない。
 私は会社の中で「いかに労働時間を有効に使うか」というのを常に考えている。それは会社の利益ためではなく、私自身のスキルアップ、レベルアップ、モチベーションアップのためだ。これが常に実践できれば上司をはじめとする周辺の人の評価向上(レベルアップ)はもちろん、自分自身の自己満足(モチベーションアップ)にもつながる。

 その一方で、人間、時間を無駄遣いせずに動くだけが人生ではない。
 休日や夜のひととき、じっくり思索にふけったり、ボーッとしたりするのも大切だ。
現にお寺の境内で半日物思いにふけっている時間というのは、実に至高だ。
(神社の御祓い時も、教会の礼拝時も同様)
それらは「明日の仕事につながる活力源」だと思えばだ。

 ならば、こうやって偉そうに薀蓄を書き綴っている私は理想的に時間を使っているかというと、実はまだ自信がない
 でも、こうやって自分に言い聞かせることで、少しでも先述の理想に近づいていければなと思う。

 そんな日、会社の帰りにかなりの「寄り道」をしてきた。一見「時間の無駄遣い」のようにも見えるが、ちゃんと歩いて運動効果も得てきたから良しとしたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金曜日)

いのちに関わることだから

 スターフライヤー、やばいね。
赤字になるのは目に見えていたが、社内規定違反までしていたとは・・・。
スカイマークもまだまだ予断を許さぬ状況。
 新規参入会社に必要なのは、大手を凌ぐ輸送力か?それともサービス力?
大手と同じやり方をやっていては利益を獲れないのは目に見えている

 天気予報、よく外してくれるね。
「夕方からまた雨が降るので、長い傘は必須ですね」って言ってたくせに、
雨はやみ一部の雲間から晴れ空が見えた。

 ATS(鉄道設備)、マンションの次はエレベーターかい。
事故が起きてから点検・改善するという日本特有の後ろ向きな業務姿勢。
こんなダメ文化は今後も続くんだろうな。
シンドラー(旧・日本エレベータ工業)か。
これからはエレベーター乗るときはメーカーもチェックしよう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木曜日)

のほほんのちグロッキー

 今日の雨はなんとも、もう、気まぐれで困ったもんだ。
大事にはいてたズボンが帰宅時はビチョビチョに。クリーニング屋直行じゃ!

 今日は会議の日。朝は晴れてて、のほほんとして出勤。
内部監査のボリューム少ないだろうなと思って油断していたら物凄いボリュームに。
エアコン壊れた会議室で蒸し風呂状態でやられた日には、そりゃグロッキーになるよ・・・。
帰りはかなりヘタって帰宅(しかもズブ濡れ)。

 紛失したはずの会員証が出てきた。

 とある掲示板のスレがすごいコトになっている男前豆腐店
ここのフラッシュ、なかなかイカシてるじゃねーか。

 うちの上司から気まぐれ発言かもわからないが「JWCADいじってみない?」とかいう不穏な発言をもらった。
せっかく必死にAUTOCADインストして使い出したというのに・・・。誰か、JWCADの扱いを教えてくれ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水曜日)

優柔不断

 公休。

 コンタクトの定期健診のため、京都市内のとある眼科へ。
 円町駅で降り、てくてくと歩いていった。3ヶ月毎に定期健診なので円町で降りたのは今年2回目。
最高気温29℃という割にはそんなに暑くなかった。
 今日も比較的早々と診察が終わり、新しいコンタクトを受け取った。結局、度は変わらなかったわけだが・・・。
いつも洗浄液は「アイネス」を使っているのだが、後継品として「エピカ」という新製品を紹介され試供品をもらってきた。
 検診が終わった後は二条駅までてくてく。相変わらずメシ食うところは二条駅まで無い。
道路の向かいに郵便局を見つけたのだが・・・うーん、渡りたいが車の往来を切れないので、今日はあきらめた
次の検診(9月)のときにしよう(笑)

 そういえば最近、郵貯してないなあ・・・。

 京都駅の観光案内所で、YHの会員証を更新。期限が今月迄になっていたので。
毎年毎年更新するのがめんどくさくなってきたから早いうちに「終身パス」に切り替えたいところなのだが、
終身パスは写真持参の上、各YH協会でないとつくれない。京都だと宇多野YH。
不便なので出向く気にはなれない・・・。

 こないだイタズラしてツノ(アンテナ)をポキッとイってしまったAir-H"の相談のため、最寄のウィルコムプラザがある梅田へ。梅田と三宮にはあるのに何故か京都には無い、けしからん・・・。
サプライズ!なんと定休日でお休みだった・・・OГZ
ショックでかすぎ・・・。
 まあ、ザウルスで普通に動作しているから、まだ大丈夫か・・・。

 その下のauショップでUSBケーブル(PC~WIN携帯接続用)を購入。
とりあえずこれでケータイ接続でネットができる。しかもパケット従量課金制、スバラシイ。
あっさりと会社でネットカフェが実現しそうだ。あとはケータイの電源問題だけ。

 せっかく梅田へ来たのでヨドバシにも足をのばした。
真っ先にウィルコムのコーナーに足が行ってた。新製品も結構出ていた。値段も手ごろ。
うーん、機種変すべきか修理の相談をすべきか・・・。悩みに悩んだ。優柔不断さが露呈。
結局、前述の理由で両方とも先送り

---
 Kiのページを更新。更新作業が遅れてしまい申し訳ない。>Ki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火曜日)

ツイてる?

 寝坊。でも、幸い遅刻にはならない。
ただ、いつも乗っている電車より混み込みになるだけ。実際はそれがイヤなのだが。
ツイていた、いきなり1席ぽっかり空いて座れてしまった。

 もしかして、今日ツイてる??

 駅を降りたら、普段なかなか話す機会が無い人とバッタリ。
久々に話しながら会社へ。ツイてるかも??

 今日は(会社の仕事じゃなく)協会の仕事。
 検査そのものは少ないので午前中に済まし、午後はデータ処理と伝票処理に充てた。
この2つをきちっとやっておかないと、検査成績書の発行がなかなか進まない。

 でも、今日は主任が休み。4月に私と同じ工場から異動してきて、まだまだ職場を把握しきれていないのか
不明な点は必ず私に問い合わせている。しかも私が忙しい時に。悪気が無いのは解っているのだが、実に困る。
というわけで、夕方まで仕事に集中できた。やっぱツイてる??

 帰ってから、タンブラーのデザインの続き。
まだ下絵の段階なのだが、テキトーに描いてた割には意外としっかりしたものができた。
プチツイてる・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月曜日)

自分に「おつかれさまっ!」

 私が東京で必ず手に入れてくるものがある。高価なものでも安価なものでもない。無料のものだ。
それは「R25」(国道25号線ではないよ)。
関西では手に入らない。

 そのR25を行き帰りの電車の中で読んでいたのだが、ハッと気付いたページがあった。
アサヒぐびなまの広告(30~33ページ)だ。

ほっこりの上手な過ごし方

 自分で自分に「おつかれさまっ!」と言ってほっこりする習慣は如何ですか?という内容だ。
アンケートのQ&Aがインタビューを受けた人の写真付きで載っているのだが、どの男性も、こう、
なんていうかな、この人たちの顔を見ただけで癒されてしまうほど穏やかなのだ。私と同世代。
 誰しもそうだが、仕事から帰ってくればだいたい疲れている。
その「疲れ」を「鬱憤」に変えてしまうのが私。私の帰宅は、まさに一触即発の状態。

 それだけにこのアンケートには目をひくものがあった。反省させられるものがあった。

 人を「動」と「静」に分けるなら、私はどちらかといえば「静」だった。
大学の研究室でゼミ長やってた時は冷静に自己主張を避けていたし、千葉の事務所にいたときは
パートのおばさん達の癒しマスコットになっていた。
 
 今一度、本来の私を見つめ直したい。「癒し系」と呼ばれた頃に戻りたい。
(こんなコト書いたら、私のことをよく知っているNikko先輩やhiraさんに『ムリムリ・・・』って言われそうだが)

 それにしても、このR25は大きな話題からどうでもいい話題まで盛りだくさんで飽きないなあ。

 今日から、帰ってきた時は自分に「おつかれさまっ!」忘れないようにしよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日曜日)

コスプレだらけ? ~横浜祭2日目~

 「あなたとなら、時代を変え・・・(以下略)」by 初恋
パンフレットをゲット!

 今日は13:00にkuronekoさんと地下鉄中川駅で待合せ。ずいぶん遅いスタートである。
電車で横浜Cに行くのは初めてとのこと。だから私が道案内役というわけだ。

 天文研行くといつも顔あわせている後輩達(と言っても彼らもOBやOGであるのだが)と会った。
しの先輩に、はなちゃん、ヒロ、U、O、トムリン。少し遅れてM∀RU、酸化鉄も登場。

ぴしあん :「オッス。また一段とコスプレに磨きがかかってるな・・・」

はなちゃん:「どうです?かわいいでしょ?新作なんですよ。自分で作ったんですよ。」

M∀RU  :「まあ、ずいぶん手が込んでるなあ。ウチの嫁とは正反対だ・・・」

はなちゃん:「ところで、先輩はきのうも来られたそうですね。」

ぴしあん :「そうなんだよ。でも、ナレーションがちょっと・・・ね。

はなちゃん:「その後はアドバイスしたんですか?」

ぴしあん :「いや、せっかく頑張っているのに水をさす様なことできなくてさ、黙ってたよ。」

はなちゃん:「ダメですよ、ちゃんと説教してきちんと指導しなきゃ。
        あの子たちのためになりませんよ!」

ぴしあん :「そうは言ってもねぇ、新入生のヤル気の芽を
        OBが摘み取るのはかわいそうかと・・・。」

はなちゃん:「プラネタリウムの評判が落ちたらそれこそ命取りですよ。
        今後のサークルのために私たちが悪者にならなきゃダメですよ。
        さっき、こんこんとダメ出ししときましたから
        ウルサイおばさんになっちゃった、エヘ・・・。」

ぴしあん :「どうか穏便にやってくれ・・・」

はなちゃん:「先輩は女の子に甘すぎるんですよ。厳しく接するのも時には愛情ですよ。」

ぴしあん :「・・・、はい。」

(中略)

ぴしあん :「そろそろ、京都帰るわ。早い時間のひかりを予約しちゃったし。」

トムリン :「わざわざ遠いところありがとうございました。世田谷祭はどうです?」

ぴしあん :「うん、休みが獲れたら行くよ。」

M∀RU  :「明日、また野洲に出張なんすけど、夜の都合はどうです?」

ぴしあん :「無理だよー。野洲まで出向いてったら21時まわるぞ。そういえば今日、kiは?」

M∀RU  :「しなので滋賀帰っちゃいました。会社の仕事が残っているとかで。
        明日Kiも野洲に来るらしいですよ。」

ぴしあん :「野洲は遠いから、せめてメシを京都にしてくれたら考えるわ。」

酸化鉄  :「今夜の打ち上げ来られないんですか?」

ぴしあん :「うーん、夜行明けで会社行くの嫌だからね・・・。」

酸化鉄  :「じゃあ、お金だけ置いていってもいいですよ♪」

ぴしあん :「・・・・・・。」

 ステージでは、よさこい踊っている団体がいた。これもまさにコスプレ・・・か?
で、やっと帰る方向に。中川駅前の露店もテントをたたんでいるところであった。

 中川駅構内のポスターに目がいった。
「湘南飲料」。Hi350038

ぬぉぉ、何じゃこりゃあ!FM Yokohamaのロゴ付いてるぞ。Quu~!
サークルKサンクスで限定発売・・・って、そこにサンクスあるじゃん。
でも改札入っちゃったよぉ(泣)

 結局、手に入れることができなかった。
私の乗るひかりは新横浜を通過するため、東海道線で品川駅まで行き乗り込んだ。

 京都駅に着くころはまだみんな、打ち上げの始まった頃だろうな。
行きたかったな・・・、みんなと飲みたかったな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土曜日)

商店街まで便乗?~横浜祭1日目~

 後輩達へ顔出しに学祭(横浜祭)へ。
 私がいたキャンパスは横浜ではなく、世田谷なので直接は関係ないのだが、うちのサークルが展示公開しているので毎年顔を出している(世田谷Cは11月に学祭がある)。今年で10回目だ。

 伊丹からいつもの便で羽田へ。バスでたまプラーザ駅、田園都市線と市営地下鉄を乗り継ぎ中川駅へ。

 今までと違っていたのは、中川駅の改札を出て静かな広場を通り抜けて横浜Cへ行くのが普通だったのだが、なぜか駅前の商店街をあげて露店をあちこちに出して、あたかも祭りでもあるかのような盛り上がりを見せていたことだ。(<--明日、横浜祭行かれる方はご参考を)
 地域を巻き込んだ行事になりつつあるんだなあ。今の学生がうらやましい。

 さて、当の横浜祭はというと・・・、いつも位の盛り上がりで変わり映えはしていなかった。
多少は露店増えたかな・・・。
Hi350036

 で、びっくりしたのが、学内にフットサルコートができていたことだ。ずるい~!(私の時はニコタマで借りるのがやっとだったのにぃ・・・。)

 天文研へ。スターキューブとプラネタリウムは健在。
早速、今年の出来映えをチェック。
私が現役の時からエッサホイサとこしらえてきたドームと投影機は引き続き使われているのだが・・・、
だいぶ老朽化している感が否めない・・・。
ナレーションも新入生が交代でやっていたせいか、慣れていないようだった。
みんな頑張っているのは分っているのだが、うーん、物足りないなあ・・・。
 今年こそは単なる傍観者として眺めていようと思ったのだが、現役の人たちも私の口出しを待っていたようだ。
この歳になって口出し・・・、かなり気がひけた。

 いつもなら終了まで絡めるのだが、さすがに疲れが溜まっていたせいか途中で先に引き上げた。
あざみ野から田園都市線急行で三軒茶屋へ。早速スコーンと眠りに落ちた。次に気付いたのはなんと三茶。
急いで何とか降りられた。このまま眠りこけてたら間違いなく・・・久喜まで行ってた・・・、間違いない(おそろし・・・)。世田谷線でも絶妙なタイミングで座れてしまい、下高井戸まで全然記憶無し。さすがに京王線の普通電車(各停)では座っていても起きていたのだが、人身事故でダイヤがメチャメチャになっていた。
 京王線だけじゃない、JR宇都宮線や西武新宿線でも事故やトラブルがあったそうな。東京あちこちでメタメタ。

 パスネットカードの残額が僅かになっていたので、帰りがけに券売機で5000円のカードを1万円札で買い、お釣りの5000円札を引いたらビリッ!!まっぷたつに破れてしまった。
 駅員に交換してもらったものの、これは何かの前兆なのか・・・?

 明日も横浜祭に顔出す予定。もっと知ってる後輩達(といってもOBやOGなんだけどな)来るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金曜日)

取締り強化

 道路交通法改正に伴う、民間監視員による違法駐車取締りがきのうから始まった。
一部の都府県で取締りに使用する端末にトラブルが起きたという懸念もある中、以前より効果は出ている見通しだ。

 一見、「変な渋滞に巻き込まれずに道路がスムーズになって良いことだ」と思われがちであるが、それは思わぬ落とし穴だ。
 都市部でも街中にあるような、駐車場の無いコンビニ。配送トラックは仕方なく道路に横付けし納品、検品(一部のCVSチェーンでは陳列まで)、空クレートの回収をする。もちろん、従業員の少ない店や、客足の絶えない店などでは5分以内で済むとは思えない。その配送トラックまで取締りを受けてしまう。厳しい時間管理で動く運送会社にとっては大打撃だ。
 街中の病院へ送り迎えする介護用のクルマ。駐車場が満車の時はやはり道路に横付けして、年寄りの乗り降りをフォロー、病院まで誘導し診察の受付をする。病院付き添いというのは、一人だとかなりの労力になる。クルマに「車いすマーク」を付けていても、結局はその間にも取締りを受けてしまう。社会的な弱者からも反則金という形で金を貪り獲ろうという構図は否めない。

 駐車取締りは、目的の如何に問わず時間で行われるものであり、先の2つは特に深刻な例だ。近隣の駐車場が満車であってももちろん関係ない。経済効果や福祉事情に大きなダメージを与えることは避けられない。
 また、反則金や免許証の点数に関わることを以前は警察「」が行っていたのを、監視「」がすることで強制力の問題が出てくるだろうし、きっとこれをめぐって事件も避けられないだろう。

 駐車場や駐車スペースの慢性的な不足も社会問題だ。
今後解決できるのかが注目される。

 個人的に、私もこの改正には感心できない。なぜなら、
8年前に駐車違反で痛い目に遭っているから(笑) 東京ってひどいよね・・・。
これのせいでゴールドへの更新が1サイクル遅れたんだから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木曜日)

クールビズ

 環境省が推進している、夏にネクタイを外したりして快適に仕事ができるセミラフな服装をしようという働きかけ「クールビズ」が今日から始まった。

 きのうは小泉首相をはじめ、そうそうたる閣僚がファッションショーのごとくクールビズを披露。
日本にもやっとこういう時代がやってきたのか、遅すぎじゃないかとも思われる。
暑がり(しかも寒がり)の私にとって冷房をケチることは若干辛いところもあるが、それ以上に、真夏に長袖のスーツ姿で仕事しなきゃいけない風土には大変理不尽を感じていた。営業の仕事って大変なのだ(完全にヒトゴト)。
熱中症で倒れてたら、それこそ話にならん。

 で、私のほうはというと、毎日がクールビズ。スーツでの勤務から離れて早3年半。
(あの時、夏の何日かは私もめまいがしたり倒れそうになった日があった。)
でも、どうしてもベースがクロT(黒いTシャツ)になるので、クールビズには程遠い・・・。

 年がら年中クールビズなも世の中にはいるが、それはそれでおいといて・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »